銀行系ローン

銀行系ローンは「銀行の子会社が扱うローン」商品です。カード発行のあるもの、ないもの(カードレス融資)の二種類があり、金利も「銀行に近い条件」で低く設定されています。

 

また、融資も300万円から、多くて500万円まで利用できるカードがあります。

 

【銀行系ローンの金利は?】

金利は、低ければ4%台から利用できます。プロミスやモビット、アコムのような「メガバンク系」のローンを利用すれば、全体の利息は低く抑えられるでしょう。

 

また、銀行系のカードローン会社の多くは(アコムをのぞいて)契約後30日間は、無利息でキャッシングが利用できます。このほか、三井住友銀行系のプロミスでは「キャッシング初回の翌日より」30日間は、無利息でキャッシングが利用できます。

 

契約後すぐにキャッシングの利用が無い方は、プロミスのように「キャッシングのタイミングに合わせて、無利息機関が適用される」ローンを利用してください。

 

【銀行系ローン上限額は?】

ノーローンやアイフルのように300万円とするところもありますが、モビットやプロミス、アコムのように、500万円まで融資できるカード会社もあります。

 

【銀行系ローンをお得に利用するには?】

銀行系をお得に利用するには「手数料無料の方法を使いこなす」ことが重要です。提携ATMの中にも、手数料無料の場所と有料の場所が存在します。

 

有料の場合、一回の取引につき108円〜316円の手数料が発生するので、経済的ではありません。

 

返済やキャッシングの利用は、なるべく手数料の掛からない方法を利用しましょう。
参考サイト:カードローン比較完全マニュアル|失敗しないカードローンの選び方とは?

銀行ローン

大きな注目を集める「銀行ローン」とキャッシングの関係について、説明したいと思います。

 

【金利は?】

銀行ローンの金利は「オリックス銀行カードローン」のように、3%台から利用できる銀行があります。銀行系、消費者金融のカードローンと比べてもかなり低い数字と言えるでしょう。

 

中には、1.99%(住信SBIネット銀行)台から利用できる銀行ローンもありますが、審査の難易度から言えば、オリックス銀行カードローンのように「アルバイトの方でも利用しやすい」ローンの利用がおすすめです。

 

【上限額は?】

銀行ローンの中でも、上限額には大きな幅があります。例えば、楽天銀行ローン、新生銀行のカードローン(レイク)の上限がどちらも500万円であるのに対し、オリックス銀行カードローンは最高800万円まで、住信SBIネット銀行では1,000万円を上限金額として設定しています。

 

500万円(楽天、レイクのように)が上限額の場合、それほど大きな違いはありません。しかし、オリックス銀行カードローンのように「最高800万円」までカバーしていれば、消費者金融のカードローンと比べて、大きな(金額の)違いが発生します。

 

【お得に利用するには?】

銀行ローンの中にも、金利や上限額は大きく異なります。楽天銀行、イオン銀行、新生銀行など、さまざまな銀行がありますが、消費者金融とあまり条件の変わらない銀行ローンも存在します。

 

せっかく銀行ローンを利用するのであれば、オリックス銀行カードローンのように金利が低く、融資の大きなローンに申し込みましょう。

 

オリックス銀行は、審査の難易度もそれほど高くなく、年収の制限も無いため、フリーターやパート主婦の利用者も多いのが特徴です。

金利が低いのはどこ?

金利が低い金融機関は、どこにあるのでしょう? ここでは、金利の低いカードローンと金融機関をご紹介したいと思います。

 

【各カードローンを比較/金利が最も低いのは?】

ここでは、カードローン利用者の多い6社をピックアップしてみました。アコム、モビット、プロミス、アイフル、レイク、ノーローンの金利、審査の難易度、融資額をそれぞれ比較してみてください。

アコム やさしい 年4.7%〜18.0% 500万円
モビット 比較的やさしい 年3.0%〜18.0% 800万円
プロミス やさしい 年4.5%〜17.8% 500万円
アイフル 普通 年4.5%〜18.0% 300万円
レイク 普通 年4.5%〜18.0% 500万円
ノーローン 難しい 年4.9%〜18.0% 300万円

 

最低金利の条件が良いのは、4.5%という数字を付けているプロミス、アイフル、レイクの三社があります。

 

この3社を(さらに細かく)比較すると、プロミスが上限17.8%であるのに対し、残りの二社は18.0%の上限金利を設定しているのが分かります。

 

【レイクは銀行、それとも…消費者金融?】

今回取り上げたレイクは、消費者金融ではなく、銀行(新生銀行)のカードローン商品です。銀行は、金利が低いイメージが強いのですが、(レイクの場合は)消費者金融の商品と金利差、上限額の違いがほとんどありません。

 

審査の難易度でみても、レイクよりプロミスの方が「使いやすい印象」は強いです。実際に、プロミスは「銀行利用者」の間でも、人気の高いカードローン商品として知られています。

 

【総合的に判断して】

金利だけで無く、審査、融資の金額を見て、最も使いやすいのは「プロミスカードローン」と言えるでしょう。もちろん、一人一人の属性や審査の結果によって「使いやすい」と感じるローンは異なります。

 

ただ、総合的に評価を下すと、プロミスカードローンは「誰にでも使いやすい」ローンとなっています。

 

【プロミスは、審査も速い】

カードローンのプロミスは、申し込みから最短30分で審査の結果が分かります。このため、申し込みをした当日中に、カードと契約書の発行ができるのです。

 

急ぎのキャッシングを必要とされる方は、プロミスのような「スピードキャッシングに強い」金融機関を利用しましょう。